末っ子の気ままにDiary

日常生活で考えたことなどを日記にしていくブログです

MENU

圧力鍋の味付けっていつすればいいの?

先日、圧力鍋で離乳食を作る記事を書きました。圧力鍋のその他の用途は、肉じゃがなど大人が食べる食事を作るのに使用していました。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083541.jpg

圧力鍋で料理を作る中で、ふと疑問に思ったことがあります。それは、味付けはいつするべきなのかということです。

今回は、実際に圧力鍋を使用していつ味付けをしたらよりおいしく料理を食べられるのかやってみました。

1.実験の方法

方法としては、先に水と食材を入れて加圧するパターンと食材と全ての調味料を入れて加圧するパターンの2パターンで実験してみました。ちなみに、食材は大根です。大根を2㎝程度の厚さに輪切りにし、それを半分に切って調理します。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083432.jpg

おでん風に味付けしたので、鶏つくねも最後に入れますが加圧はしません。

2.実際に2パターンをやってみる

水と食材だけを入れて加圧する

それではやってみましょう!

①まず、水と野菜だけを圧力鍋に入れて5分加圧します。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083425.jpg

②圧が抜けたら味付けをし(味付けと同時につくね投入)、煮込みモードでふたをして10分煮ます。加圧開始から煮込み終了までトータルして約40分です。

食材と全ての調味料を入れて加圧

①水と野菜、調味料を入れて5分加圧します。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083551.jpg

②圧が抜けたら、つくねを入れて煮込みモードで10分煮ます。こちらも、煮込み終了まで約40分間調理しました。

3.それぞれの状態

水と食材だけを入れて加圧した方

・調味料を入れて煮込みモードで煮てすぐの状態

見た感じは、大根が透き通っていてうっすら色がついていますね。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083418.jpg

次に、大根を切って断面を見てみました。すると、煮てすぐなので完全に調味料が染み込むところまではいっていませんが、10分しか煮込んでいないわりには調味料が染み込んでいます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083411.jpg

次に食べてみました。とてもやわらかくて、箸で持とうとすると簡単に崩れてしまいます。味は、表面だけついている状態でした。

食材と全ての調味料を入れて加圧

・煮込みモードで煮てすぐの状態

大根を切った断面を見てみましょう。中まで色がしっかりついています。食べてみると、中まで味が染み込んでいました。食感はわりとやわらかいです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083959.jpg 

完全に冷めてから2つのパターンを比べてみる

・表面と断面の色

完全に食材が冷めた段階での写真を比べてみました。左が水と食材だけ入れて加圧し、調味料で味付けした物、右が食材とすべての調味料を入れて加圧した物です。まず大根を切る前の表面の色ですが、わずかに右の物より左の物の方が色が濃く見えます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083953.jpg

次に切ったものを比べると、大根の厚さに少し違いがあるのでわかりにくいですが、左の物はより濃く味が染みている範囲が広く、右は全体的に薄く色がついているのが分かります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181011/20181011083946.jpg

・食べてみての味の違い

先に水と食材を入れて加圧した方は、煮込んだ直後は味が表面しかついていないように感じましたが、完全に冷ますと大根の中までしっかり味が染みていて甘みも感じました。

一方、食材と調味料を入れて加圧した方は、煮込んだ直後は中まで味が染みていておいしく感じましたが、完全に冷ますと少しにがみを感じるようになりました。

・やわらかさ

水と食材だけ入れて加圧した方は、出来立てがとてもやわらかく、冷ますと箸ですぐに崩れてしまい、さらにやわらかさが増しているように感じました。

一方、食材と調味料を入れて加圧した方は、出来上がりはやわらかく感じましたが、冷ますとやわらかさに変化はありませんでした。

4.結果としてどっちがいいのか

結果としては、調味料を先に入れたものも十分おいしいですが、最初に水と食材だけ入れて加圧したものの方が、よりやわらかくて味が中まで染み込みおいしくなるというものでした。

調味料を先に入れるか後で入れるかだけの違いなので、そんなに手間に違いはないと思います。ですので、皆さんが圧力鍋を使用する際は、後で味付けをすることをおすすめします。圧力鍋のレシピには、先に調味料を入れるように書いてあることが多かったので、結果には驚きました。

少し失敗したなと思ったことは、おでん風の味付けなのでそんなに濃くなく、色が大根に付かないので、写真で見たときにわかりにくくて読んでくださっている方が分かりづらかったかなと思いましたので、そこは反省点かなと思います。

ちなみに鶏つくねは、ハンドブレンダーで鶏胸肉をミンチにして塩、酒、しょうがを適当に入れて作りました。

最後まで読んでくださってありがとうございました。