末っ子の気ままにDiary

日常生活で考えたことなどを日記にしていくブログです

MENU

洗面所の床がすっきりしました

最近、我が子がいろんなところにはいはいで移動できるようになり、なかなか目が離せなくなってきました。手に持ったものは、すべて口に入れるので危ないものは手に届かないところに移動する必要があると思うようになりました。

そこで、いろいろと我が家の収納について見直しているのですが、洗面所には収納場所が限られており、洗剤などが床に置いてあったりと、赤ちゃんがいる家庭としては少し危険な気がしたので、収納棚を設置することにしました。

今回は、実際に購入して設置した商品をご紹介します。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181009/20181009224843.jpg

1.ニトリのポールスライド棚について

サイズ:幅93㎝×奥行23.5×高さ3.3㎝

全体耐荷重:10㎏

我が家では、洗濯機の上のスペース(幅75㎝×23㎝程度)に取り付けました。

2.取り付け方

取り付けはとても簡単です。

①赤いスタート線にグリップの位置を合わせて、壁の幅に合うように調整パイプを引き出します。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181009/20181009224837.jpg

②長さ固定ネジを回しながら裏に取り付けます。すると、調整パイプに穴が開き、長さが固定されます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181009/20181009224840.jpg

③棚が水平になるように固定し、グリップを回して壁に圧着します。

これで完成です!しっかり固定するコツとしては、誰かに棚を持ってもらい、水平に取り付けることが大切です。

また、我が家の壁は少し凹凸がある壁紙で少しふわふわしているので、固定して数日たつと壁と棚の間に隙間ができ、落ちてしまうことがありました。そのため、装着して数日後に再度グリップを回して、棚を壁にしっかり圧着するすることが必要だと思いました。もちろん、やりすぎは壁紙を傷つける恐れがあるため厳禁です。

3.実際に使用してみて

良かった点

・壁を傷つけないように、壁に当たる部分に合成ゴムを使用している。

・耐荷重が10㎏と十分である。

改善してほしい点

・取り付ける時に、誰かに支えてもらった方が取り付けがしやすかった。

片手で棚を支えながら取り付けるのは少し難しい気がしたため、女性が一人でつけるのは少し大変かもしれない

3.まとめ

このポールスライド棚のおかげで、床に置いていた洗剤を上に移動できました。バスタオルやハンドタオルなども、以前はクローゼットにしまっており、毎日出すのが面倒だったのですが、設置した棚に置いておくことが出来るようになったため、お風呂から出たときに「バスタオルがない!」なんてことがなくなり、とても便利になりました。

ちなみに、ニトリのワイヤーバスケットも買って、洗剤を入れたのですがぴったりでした。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181009/20181009224832.jpg

これは、ポールスライド棚の奥行のサイズにぴったりで、かごの裏に出っ張りがあるのでポールの部分に引っかかってくれて簡単には落ちないように出来ています。

最近は地震が多いので、心配な方は結束バンドなどで固定するのもいいかもしれませんね!

10月27日追記:使用し始めて1カ月弱ですが、タオルや洗剤をのせていても全くズレ落ちることがありません。