末っ子の気ままにDiary

日常生活で考えたことなどを日記にしていくブログです

MENU

ハンドブレンダーの用途を考えてみました

皆さんは料理をしますか?

私は主婦なので毎日料理をするのですが、子どもが生まれるまでブレンダーというものの存在をしりませんでした。

ブレンダー?何それ?状態でした。

今回はハンドブレンダーの素晴らしさを皆さんにお伝えしたいと思います。

1.ブレンダーってなに?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181009/20181009202854.jpg

(右から3番目のものが、ハンドブレンダーの先端です。)

ブレンダーは、日本でいうミキサーのことです。

海外ではブレンダーという呼び方が一般的です。

据え置きタイプとハンディタイプがあります。

ハンドブレンダーは、細長いボディーの先にくるくる回る小さい刃がついたものです。

具材を小さい刃で切り刻むことができます。

今回は、ハンドブレンダーについて説明します。

2.どんな時に使うの?

野菜や果物を使ったスムージやポタージュスープを作る時、お菓子作りで材料などを混ぜるときに使用するのも便利です。

また、離乳食で野菜などを細かく刻まなければいけない時期に使うととても便利です。

3.離乳食でどうやって使うの?

我が子は今、生後7カ月になったのですが、離乳食を始めたころからハンドブレンダーを使用しています。

最初のころは毎日、野菜をゆでて刻んで裏ごしをしていたのですが、食べる量が増えるにつれて毎日手で刻むのは難しいと思うようになりました。

ハンドブレンダーは便利だよと教えてもらい早速購入してみました。

 使い方

使い方はとても簡単です。いつも通り野菜をやわらかくゆでて、深めの容器に野菜とゆで汁を少量移してブレンダーで刻むだけです。繊維が細かく刻まれるので、裏ごしする手間もいりません!

(離乳食の初期は、繊維を刻んだ後に繊維をこしてあげた方がいい食材もあります)

4.使うときのコツ

実際に使い始めてみて思ったことを書きます。

食材はブレンダーの先端が隠れるくらい用意する。

食材が少ないと、刃が届かずうまく混ざりません。大体、2~3㎝程の深さの具材を用意して使用しましょう!使い始めたころは、1食分で使っていたのですが、具材が少なくうまく刻めませんでした。

離乳食作りでは、多めに作って製氷器に入れて冷凍すると1週間分をいっぺんに作れるので便利です。

大きすぎたり硬すぎるものは刃をいためるのでやめましょう

ブレンダーを使う前はある程度の大きさに具材をカットしましょう。そうしないとうまく刻めませんし、刃やモーターを痛めてしまうのでやめましょう。

5.買うならこういうのを選んだほうがいいよ!

私のおすすめは、多機能のハンドブレンダーです!最初の写真にあるように、フードプロセッサーや泡だて器がついているものがいいと思います!

大体ネットで4000円程度で売っていました。いろんな料理に対応でき、安いのでお得ですよね!

お菓子を作る時に手動でメレンゲを泡立てていたのですが、メレンゲ作りって大変ですよね。泡だて器付きのセットなら、ハンドミキサーを別に買わなくてもいいのでおすすめです。

 試しにフードプロセッサーで鶏のミンチを作ったのですがちゃんと使えました!

6.まとめ

ハンドミキサーを買うなら、フードプロセッサーや泡だて器などが付属した物がいいです!離乳食づくりにはもちろん、普段のお料理にも使えてとても便利ですので。

離乳食作りが大変だなと感じている方の参考になればと思います。