末っ子の気ままにDiary

日常生活で考えたことなどを日記にしていくブログです

MENU

家の防災グッズを見直してみました

最近、自然災害が多いので、自分が住んでいるところもいつ何が起こるのかわからないなと、少し危機感を持つようになりました。

災害が起きて避難するとなった場合、支援物資が届くまで約3日間、物資が届いて支援してもらえるまで、過ごしていける程度の防災グッズが必要です。

そこでこれまでに準備していたものを見直して、何が必要かを考えたいと思います。

ちなみに、我が家には赤ちゃんがいるので、そのことも考えて準備してみました。

ペットの防災対策についての記事もあるのでぜひ読んでみてください。

                             目次

1.準備していた防災グッズ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181009/20181009201120.jpg

このようなものを準備しています。

写真にのっているものを紹介します。

食べもの(大人と子ども用)、水、粉ミルク、哺乳瓶、カイロ、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、小さいビニール袋、ごみ袋、オムツ、おしりふき、新聞紙、ランタン、ラジオ、レジャーシート

子ども用の食べものは温めなくてもいいもの、ごみ袋はトイレにもなり、水を入れて運べるので用意しました!

また、ラジオはライト付きで、手動でも発電できるようなものを用意しました。

最低限のものしか入れていないので、まだまだ買い足す必要がありそうです。

2.追加の防災グッズ何が必要??

準備するといいもの(基本的なもの)

【ヘルメット】

余震などで落下物があるときに、身を守れる。

【軍手】先のとがったものなどで手を切らないように。

【運動靴】がれきなどでケガをしないように。

【笛】助けを呼ぶため。

【雨具】雨にぬれて体温を奪われないようにするため。両手を自由にするためにカッパがオススメ。

【乾電池】懐中電灯などの換えの電池。

【簡易トイレ】ビニール袋で代用できるが、ある方が便利。

【トイレットペーパー】普通のティッシュとして使うことができるので入れておくと便利。

【安全ピン】布を安全ピンでとめて、オムツを作ることができる。

【マスク】病気をもらわないようにしたり、寒さ対策にもなる。

【ライター】暖をとるために。

【布ガムテープ】何かをまとめたりするのに使える。また、メモにもなる。

【現金】現金自動預払機(ATM)は使えなくなるかも。カード支払いもできかるかもしれない。また、お札より10円玉や100円玉の方が公衆電話でも使える。

【筆記用具】メモを残せる。油性ペンの方が、どこでもかけるのでいい。

【保険証】ゲガをして病院にかかる時のため。

 赤ちゃん用に準備するといいもの

大人より汚れたりしやすいため、赤ちゃん用は4日分はあると安心です!

【抱っこひも】ベビーカーは邪魔になるし動きにくいので用意。

【着替え】汚れるので多めに。

【帽子】頭を守るため。

【オムツやパンツ】成長に合わせたものを用意。

【おしりふき】手口拭きとして使えるので便利。

【レトルト食品】温めなくても食べられるものがいい。

【おやつ】食べ慣れているものを用意。

【おもちゃ】慣れていない場所でもおもちゃで遊ぶことで安心感を得られる。赤ちゃんにとっておもちゃは重要。

【歯ブラシ】口のケアは大事。口の中をきれいに保つと病気の予防にもつながる。

【靴】歩ける子はがれきなどでけがをしてはいけないので準備。

【スーパーのレジ袋】オムツカバーになる。

母子手帳・保険証】病院にかかる時に使用するため。

子ども用の防災グッズも売っているみたいですね!

「一つ一つそろえるのはちょっと無理かな」という方は、こういうものも活用するといいですね。

3.ブログを書きながら気づいたこと

準備していく中でふと思ったことは「お湯がない!」ということです。

私はほぼ母乳で子どもを育てているので深く考えていませんでしたが、もし母乳が出なくなったらミルクをあげなければいけません。

そこで調べてみると、外国では液体ミルクがありますが日本にはないみたいです。

じゃあどうする?ということで見てみると、発熱剤が入った湯沸かしBoxというのがありました。500ccのお湯を80度まで温められるのでアルファ化米やカップ麺、もちろんミルクも作れます!これがあれば、ミルクもちゃんと作ることができますね!

(本当は、ミネラルウォーターは赤ちゃんには良くないようなので純水を用意した方がいいですね)

4.まとめ

今まで準備していたものに付け加えるものがたくさんありました。一つ一つそろえるのが負担な方は、防災セットを購入して、自分に必要なものを少し追加するというのでもいいと思います。

また、調べていると手さげ袋ではなく、バケツに必要なものを入れて準備するといいと書いてありました。たしかに、これなら水など何かを入れて運びたいときにも使えますね!ただ、バケツだと両手があかないので、リュックもいいかと個人的には思います。

自分の物だけを準備するのであれば、そんなに負担にはなりませんが、赤ちゃんがいるので成長に合わせて必要な物を準備する必要があります。一度準備して安心するのではなく、定期的に見直して古くなってきた食べ物や赤ちゃんの成長に合っていない食べもの、サイズの合わないおむつなどは交換することが大切だと思います。

色々とここまで書いてきましたが、まだまだ調べてみると便利なグッズがあるかもしれませんね!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。