末っ子の気ままにDiary

日常生活で考えたことなどを日記にしていくブログです

MENU

離乳食を食べてくれない時の対策!私が実際に試してみてわかったこと

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/bloggk/20181009/20181009211716.jpg

皆さんはご飯をたくさん食べていますか??

私は妊娠中に満腹中枢がやられて安定期以降、フードファイターになりました!

産んだら食欲が元に戻るかなと思っていたのですが、完母だったためすぐにお腹が空き、主人よりご飯を食べるようになってしまいました。

我が子は離乳食を始めた5ヶ月の頃、なかなか離乳食を食べてくれませんでした。

そのため、今日は離乳食を食べてくれなかった時に私が工夫したことなどを書いてみたいと思います。

離乳食中期のことについても書いていますのでぜひ見てください!

1.離乳食はいつはじめるの?

離乳食のスタート時期は、大人が食事をしていると声を出したりよだれを出すようになったときです。

ただし、赤ちゃんが食べたそうにしていても、消化器官が十分に発達していないため5ヶ月未満では始めないようにします。

また、体内の鉄分が不足してくるのが6カ月頃のため、遅くても6カ月までに始めます。

この時期の赤ちゃん

首がすわり、支えがあれば座れるようになっていきます。

この時期の赤ちゃんは舌を前後に動かして食べ物を奥へと移してゴックンと飲み込みます。

2.生後5〜6ヶ月の離乳食の目的

この時期の離乳食の目的は、栄養を摂ることではありません。口に取り込んで飲み込む練習をしている時期なので、量がたくさん食べれなくても大丈夫のようです。

3.生後5〜6ヶ月はどんなものをたべるの?

この時期は、食べ物から栄養を摂るのが目的ではなく飲み込む練習をするためなので、ポタージュやヨーグルト状のものを食べさせます。

歯がないですしね!

食べられるもの

バナナ、いちご、もも、みかん、りんご、かぼちゃ、にんじん、大根、かぶ、トマト、ブロッコリー、白菜、ほうれん草、小松菜、たい、ひらめ、かれい、しらす干し、米、食パン、じゃがいも、さつまいも、小麦粉、片栗粉、豆腐

4.1日何回食べるの?

始めの1ヶ月は1日1回、1ヶ月以降で食べるのに慣れてきたら1日2回です。

赤ちゃんが食べるものは全て初めてのものなので、アレルギーなどがでる可能性がゼロではありません。そのため、初めてのものを与える時は、病院が開いている午前10時ごろがいいです。

どのくらいの量たべるの?

個人差がありますが、一回の離乳食を全部合わせると10さじくらい食べられます。

5.食材の保存方法

離乳食を作る上で必須だと思ったアイテム。それは、ブレンダーです!

ずっと買うのを迷っていたのですが、意外と安くて多機能なものもあるので、早く買えばよかったと思いました。

ここで私がやっている保存方法について少し説明します!

  • バナナは皮をむいてそのままジップロックにいれ、軽く平らにつぶし、冷凍します。食べる時は、好きなサイズに手で折ってレンジで温めて食べさせます。
  • 野菜はお味噌汁の具からとります。少し多めに野菜を茹で、出しを入れる前の茹でた野菜を取り出して、ブレンダーでつぶし、製氷器に移して冷凍します。食べ始めの頃は、裏ごしするといいかも。
  • トマトミニトマトを使用します。半分に切ってジップロックに入れ冷凍し、解凍する時は水道水流すと皮が剥けます。電子レンジで温め、裏ごししてタネを取り除いて出来上がり。
  • にんじんは、皮を剥いて一本まるごと茹でます。冷めたらそのまま凍らし、使うときに使いたい分だけすりおろします。そのあと電子レンジで温めます。

この時期は基本的に、全ての食材を加熱して使いましょう!

6.食べてくれない時の工夫

我が子は離乳食が始まった当初、うまく食べれず泣いてしまったり、口を閉じてあけてくれないことがほとんどでした。

色々と工夫してみた結果

  • 食べ物に水分を足してさらさらにする。(粘度が高いと食べない)
  • さつまいもやかぼちゃなど自然な甘さがあるものを癖のある味の野菜に少し混ぜる。(赤ちゃん用のだしは慣れておらず食べない。母乳には乳糖という甘みの成分があるので甘みは馴染みやすいため。)
  • 粉ミルクの粉末を混ぜる。(慣れている味だと食べるため。)
  • おかゆを嫌がる時は、トマトなどを混ぜて飽きないようにする。(トマトが好きだったため)
  • 真横に座って食べさせていたため、対面式にして顔が見えるようにする。
  • スプーンの先端が細めのものを使用する。
  • 食べられたらひたすら褒める。
  • 食べさせるときに、母も何か一緒に食べる。(食べることは楽しいと共有するため)

以上のことをやってみた結果だんだん食べてくれるようになりました。(もちろん、日にちが経つにつれて、食べるのが上手になってきたことも関係していると思いますが)

7.まとめ

一番効果があったことは、スプーンの先端を細いものに変えたときでした。

離乳食用の食器についていたスプーンなのですが、先端が少し広めで口がまだ小さいので食べにくかったのかもしれません。

たくさん食べてくれるようになってきたので、今となってはいい思い出です。
正直、何が正解なのかわかりませんが、食材の味だけではなく、スプーンや食べさせ方などをいろいろと試してみるといいと思います!
離乳食を食べない時の参考にして頂けると嬉しいです。